第4回 個個からカフェ ご案内

Pocket

第4回個個からカフェ

新たな「別姓訴訟」が拓く未来

〜家族の多様性と個人の尊重という視点から〜

2018年12月16日 18時から19時30分

at: ハチドリ舎

お話: 立命館大学 法学部教授 二宮周平さん

プロフィル:家族法、ジェンダー法、ジェンダー平等を実現する家族法体系の研究をすすめる。近著に「18歳から考える家族と法」(法律文化社2018年)、「性のあり方の多様性ー一人ひとりののセクシュアリティが大切にされる社会を目指して」(日本評論社2017年)など。「女性白書2018」8日本婦人団体連合会編2018)では、「こどもと教育 家庭教育支援法のねらい」を執筆。

会費 800円(ワンドリンク付き)

事前のお申し込みは不要です。

広島地裁第2回期日 傍聴に来てくださる方は、少し余裕を持っていらしてください。

Pocket

広島地裁第2回期日、来週です。

広島地裁の書記官から弁護団に下記の連絡がありました。

「手荷物検査の実施が始まり,入庁に少し時間がかかるようになっているため,弁護士以外の原告本人・支援者等の方々は,15~30分程度時間に余裕をもってご来庁ください。」

書記官の方ご連絡ありがとうございました(^.^)。

11月20日火曜日 16時より 304法廷です。

傍聴にいらしてください。よろしくお願いいたします(^.^)。

16時30分より 弁護士会館にて裁判報告・解説 の集会を予定しています

2018年10月1日 東京地裁 第2回期日傍聴記

Pocket

大型台風が日本を縦断した930日、台風を先導するように東京に向かった。深夜に東京で私に追いついた台風は朝には東北に去り、101日朝は台風一過の抜けるような青空、ベストコンディションの期日になりました。

さすがに東京地裁は大きくて、入り口は今日101日から金属探知ゲートと持ち物検査付き。「裁判は国民の権利、裁判所は私たちの場所なんだよ。特別な正装は要らないよ。」というアドバイスに目から鱗の私でしたが、一応今日は普段は着ないワンピース。傍聴だけだけれど。

今日は原告の意見陳述がある。広島期日での私の陳述の前日には応援のプレゼントイラスト付きでメールをくださっていた原告さんなので、応援返しがしたくて傍聴にやってきた。

一同礼をして開始、進行協議を一回入れるか、それは毎回のことなのかどうか、次回期日はいつにするか、とサクサク日程が決まって。「では原告の意見陳述を」

私と同じようにいったんは婚姻届を出した後のペーパー離婚。「あなたが名前を変えたくないのと同じで私も名前を変えたくない。・・・私の名前は、祖父母が氏名全体の画数を考えて名付けてくれました。この名前は、大好きな祖父母からの贈り物です。・・・(氏を変えないのは)周囲からは『わがまま』と言われ理不尽な思いをしました。・・」と、はっきりと分かりやすい声で落ち着いた陳述をされました。

そうよ、そうよ、私も夫と同じように氏を変えないでいたいし、氏名丸ごと考えて名付けてもらった名前を大切にしたい。そして、そういう思いを「わがまま」と言われたくない。夫婦のもう一方は「わがまま」と言われることなく氏名をそのまま持てるのだから。と、同感しながら聞いていました。この思いが国側の担当の人たちや三人の裁判官にも伝わっていることを願います。感情に流されてはいけないプロの裁判官、にも、法律の理不尽さを感じている市民の納得できない思いは理解していただきたいなあと思います。

裁判所には原告のご両親も来られていて、公判後の交流会ではお父さんが「別姓にしたいという娘にはじめはビックリして理解できなかったが、勉強して理解するようになった。一人一人が大事にされる社会に、できる限り娘と一緒にやっていきたい。」、またお母さんは「彼のご両親に申し訳ないと思ったが、娘の幸せが一番なので、娘が頑張ってやってくれることを願っている。」とやはり傍聴に来られていた原告のお連れ合いと共にご家族ぐるみで原告を応援されていたのがとても嬉しかった。

第3回個個からカフェです

Pocket

第3回個個からカフェです。今回は夜の部です。お仕事帰りにのぞいてみてください(^.^)。

個個からカフェ 不安なく違っていられる社会への一歩

 夫婦別姓?よその国ではどうなっている?

 9月28日(金)19時〜 ハチドリ舎

 スピーカー オーストラリア 豊田悦子さん

       イギリス    貫名緑さん

       韓国      安くんじゅさん

 コメンテイター 井上嘉仁さん(広島大学)

 参加費 800円 (ワンドリンク込み)

 主催:別姓訴訟応援団

 連絡先 onji.i@nifty.com、0822852105(留守電/FAX)

始まりました@広島

Pocket

724日、広島地裁での初回期日(法廷が開かれることを期日ということ今回初めて知りました)でした。

直前一週間ほど、裁判に遅刻する夢を見たり、耳鳴りがしたり、ドキドキして過ごしていました。

入廷パフォーマンスをすることにし、皆さんに呼びかけ、テレビ2社と、私たちのHP用ビデオを友人のJackが撮影してくれることになり取材陣も3組に。でも、平日でもあり、傍聴に来てくれる人は少なそうで、私と弁護士さんとあと23人だったら寂しいなあ~と、胃が痛い思いでした。

けれど、当日

待ち合わせに行くと、随分たくさんの方が平日の酷暑!の中来てくださっていて感激でした。外は出ると一瞬で汗が噴き出るような晴天。先日個個カフェで話をしてくださった仙台の土屋さんが描いてきてくださったカラフルなバナーと、支える会のロゴ入りパネルを掲げて元気に入廷ができました。汗だくでした。

これまで映画やドラマで裁判所での、原告被告のやりとりや裁判官の発言など面白がってみてきましたが・・・。本物の裁判所も、銀幕やTV画面の中のような、特別な空間でした。そこに原告として座れたのがちょっと嬉しくて、そして傍聴席にいっぱい知った顔があり、それだけで随分落ち着くことができました。

開始前に、野口弁護士が被告の国側の担当の方達と名刺交換をなさっていて、なんだかいい風景~とみていました。あとで夫に言うと、「『今度飲みましょう』とか話してたりして~」なんて。まさかね。でも、友好的にやっていけたら嬉しい。

入ってこられた裁判官は三人。思っていたよりお若い感じの方々で、世論調査で別姓を許容する割合は若いほど高いので、どうか裁判官の方々も許容派でありますように、と祈らずにはおれませんでした。皆で起立・礼をして裁判開始です。

先週の東京での法廷ではマイクがなくて聞き取りにくかった、という報告を読んで、聞いてもらえるように陳述したいと思っていたので、広島ではマイクがあったのにかなり大きな声で陳述してしまいましたがどんなだったでしょうか。弁護団に手伝ってもらって作った結構思いを詰め込んだ原稿だったので、意見陳述ができて今になってすごくスッキリ感を感じています。これ、裁判の原告の醍醐味かも٩(^‿^)۶今後原告になろうかと思っておられる方にお伝えしておきますね。

そのあと、野口弁護士の弁論要旨の陳述、答弁書にあることの確認はサクサクととても手際よく進み、次回の期日を112016:00から、と決めるまで30分ほど。こんなものなんですね。あっという間のヒヨコ原告の初期日でした。

そのあと記者会見と野口弁護士の裁判解説をメインとする集会。間にゆっくり時間をとったので、終わったのが1930分。最後までご参加いただいた方、たいへんお疲れさまでした。東京から、別姓訴訟を支える会の福沢恵子さん、mネットの坂本洋子さんも来てくださり、集会でご挨拶もいただきました。ありがとうございました。

遠くから応援のエールを送ってくださった皆さん、エール、しっかり届いています(^.^)(^.^)!!ありがとうございました。いただいたエールをウェーブみたいに、次の立川(823日)に送りたいと思います。

野口敏彦弁護士、飯岡久美弁護士、傍聴にきて下さった皆さん、Jack、取材に来て下さった記者さん TVクルーの方々、バナー作成の土屋さん、あれこれアドバイスをいただいた皆さん、ヒヨコを心配してくださった皆さん、ありがとうございました😊!お疲れ様。

始まりました@広島。これから、どうぞよろしくお願いします!!

初回期日応援のメッセージが届きました(^.^)

Pocket

2018年7月24日 午後3時から 広島地裁201号法廷

第2次別姓訴訟@広島、始まります。

初原告、初法廷、初陳述、でどきどきのひよこ原告です。

ドキドキ、ドキドキと皆に言っているので周りがとても気を遣ってくれていろいろ声をかけてきてくださる。感謝です。今日は特別私宛のかわいい#besseiチャレンジが届きました。落ち着いて、リラックスして、とイラストが語りかけてくれました。(#besseiチャレンジ または #別姓チャレンジ は別姓のロゴを入れて写真やイラストをTwitterにアップして別姓訴訟を応援するハッシュタグです。他の#besseiチャレンジもよろしかったらご覧ください)

初回期日、各地の予定(ご注意:一部変更されています)

Pocket

第2次別姓訴訟 第1回口頭弁論期日

1,広島地裁 7月24日(火)午後3時 法廷は201号法廷

15時 裁判期日(原告の意見陳述します)

15時30分ころから10~15分程度 裁判期日を傍聴頂いた方に対する概要説明(法廷前の廊下等で)

16時 記者会見(弁護士会館)

18時 集会(弁護士会館) 担当の野口敏彦弁護士にお話しいただきます

(広島地方裁判所 〒730-0012 広島県広島市中区上八丁堀2−43)

他地裁では

2、東京地裁本庁 7月18日(水) 午前11時 103号法廷 (大法廷です)

3,東京地裁立川支部 8月23日(木) 午前11時 405号法廷

夫婦別姓確認訴訟の第1回審理期日は 9月12日(水)午後1時半 522号法廷

また次の訴訟が・・・

Pocket

夫婦別姓確認訴訟

第1回審理期日が次のとおり指定されました。

9月12日(水)午後1時半(522号法廷)

私たちの第2次別姓訴訟と並行して、今度は夫婦別姓確認訴訟という訴訟が始まりました。

米国ニューヨーク州にお住まいの日本人カップルが、ニューヨーク州で婚姻の届けをし当地で別姓で法律婚されたあと、日本で夫婦の戸籍が作られない、と提訴。詳しくは別姓訴訟を支える会のHPに訴状やプレスリリースがあります(HP Libraryの下の方のDocumentsの中です)のでご参照ください。

第2次別姓訴訟同様、応援お願いしますね(^.^)!!

ここまで続けなければならないなんて・・・

Pocket

樋口典子

いやはやここまで別姓の運動を続けなければならないなんて、本当にこの国は何

なんだろうかと思いながらも、次の世代に良いバトンを渡すために、頑張りたい

と思います。

人権感覚が問われています

Pocket

城山大賢

合掌

国際的人権感覚においても、国内世論でも、だんだん夫婦別姓の自由は市民の支持を得てきていると思われますね。

合掌